fleuage blog

日々の切り取り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太巻き丸かじり

先週の疲れとホルモンのアンバランスのため、今年の節分はだる~いだる~いと言って寝続けてました。
それでもなんでも、節分には太巻きを食べなくちゃと、スーパーへお買い物。
「恵方巻き」という看板の下に切ってない巻き寿司がたっくさん売られてるけど、時間が遅かったこともあり、ただの海鮮寿司ぢゃん!これは鉄火巻きぢゃん!!というものばかり。
結局納得いかず、寿司屋で購入することに。

関西出身のわたしは、小さい頃から節分に家族で太巻きを丸かじりしてました。
太巻きを黙って1本食べきれば『今年もいいことがある』と信じ込んでました。
だから1人暮らしをはじめてからも、食べなきゃ落ち着かなくて仕方なかった。
でもね~つい10年前は東京で節分に太巻きを食べるっていう習慣が定着していなくて、わざわざ寿司屋に行って事情を話して切らない太巻きを作ってもらい、ひとり黙々と食べたものです。
いっしょに行った友達は付き合ってくれず、面白がって話しかけてきたりしたけど、それでも黙ってもぐもぐもぐ。

そんな東京でも確か5~6年前からセブンイレブンで予約販売という形で「恵方巻き」が売られるようになり、コンビニや寿司屋での販売へと広がり、東北にまで習慣が伝わり、そしてなによりみんなの生活に定着している現在。
バレンタイン=チョコレートばりに節分=恵方巻きな世の中の動きにビックリです。

でもでもでも!
やっぱり海鮮しか入ってない恵方巻きなんて邪道なんじゃー!
そして恵方巻きじゃなくって太巻きが正式名称なんじゃー!!
と毎年憤りを感じる私です。(あくまでも自論)
かんぴょうさえ入っていれば妥協して買っちゃうけどね、恵方巻き。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/06(水) 18:28:59|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋



観てきました!!

ファンタジー好きにはたまらない世界観。
そしてダスティン・ホフマンがと~ってもいい!
ずっとみつめていたくなるような目にはあったかさ、優しさ、そして憂いが同居していて、本当に素敵でした。

『生きることはチャンスだ』って言葉が強く残ってます。
ピンチはチャンスってずっと思ってたけど、生きること自体がチャンスという考え方は目から鱗。
私のチャンスをどう生かしていくのか、じっくり考えてみたくなりました。
  1. 2008/02/20(水) 18:28:37|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米とぎざる

kometogizaru1.jpg

kometogizaru3.jpg

お米を研ぐざるが壊れかけ、米を研ぐ度に手を怪我しそうになっていたので、ずっとずっと欲しかった竹製の米とぎざるを『てからて』さんで購入しました!

手で編まれた竹ざる。
てからてのHPに、このざるを作っていらっしゃる職人さんの手の写真が載っているのですが、自分の使うものがどんな手から生まれているのかを知ることで、ものを大事に長く使っていこうというきもちが強くなるような気がして購入を決めました。
みつけてから買うまで、悩むこと1ヵ月半、手元に届いたときは何とも言えないきもちに。

そしてそして重要な使い心地ですが、これが最高なのです。
大きさ、手触り、底の形・・・なにをとっても心地よく、水に濡れると竹のいいにおいがふわ~っと漂ってきます。
建具やをやっていたうちのお祖父ちゃん家のにおいに似ていて、私にとっては懐かしく、あたたかく、そして特別なにおい。
お米を研ぐたけなのに、ひとりでにやにや。
あまりの使い心地のよさに、炊き上がったお米がいつもより美味しく感じてしまいます。

これからどれくらいのお付き合いになるかわからないけれど、大事に大事に可能な限り長く(できれば一生)使っていきたいと思います。

さて、今日もお米を研ごうかな。
  1. 2008/02/25(月) 18:08:46|
  2. favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。