fleuage blog

日々の切り取り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無事です

地震からもうすぐ3か月。
わたしは無事です!

usaちゃん心配かけました。
toshiさんも時々はのぞいてくれていたかな。

地震の日は友人宅にいて不安な思いもせずに済み、旦那も娘も家族みな無事でした。
ライフライン断絶のなかでの生活は想像よりずっと大変だった。
頻繁な余震、不便な生活、いつも通る場所にご遺体がたくさんみつかったというニュース、原発の爆発、その上ガソリンがなく万が一のときに逃げられないという恐怖心。
情報も不足していたし、ラジオなんて頭に入らないからどんどん不安になってった。

結局16日に会社の車に乗せてもらい新潟まで移動して、新潟から実家のある関西へ帰ってきました。
新潟に入ったときの安堵感と、なんともいえない空虚感は忘れられません。
仙台では買い物もできず、水食料燃料すべてのものが不足して、お風呂に入れずこどものおしりは真っ赤に荒れて、食べるものなくて1歳のこどもにカップラーメンあげたりしてたのに…ほかの地域では当たり前の生活が続いているんだもんね。

ライフラインが少しずつ復活して、物が少しずつ買えるようになって、人間のきもちも少しずつ復活していくものなんだろうけど、私の場合急な環境の変化にきもちがついていけず、本当に本当に悲しかった。
結局PTSDの診断を受け、今に至ります。
まだ実家にいます。

でもね、最近いやな夢をみる回数が減っているから、きっとよくなってきてるんだと思う。
そのかわり、抵抗力落ちまくりで体は不調だらけ。
これ乗り越えたら元気になれるかな。

仙台の友達には申し訳なくて言えないけど、もうすぐ2歳の娘のことを考えるとまだ帰れない。
爆発のあの3日間でたくさんの放射線を浴びたから、年間1ミリシーベルト以下で過ごさせてあげるためには、まだ実家にいたほうがいいんじゃないかと思ってしまう。
神経質になりすぎなのか、実際危険なのか判断もつかない。
でも最善を尽くして健康を守ってやりたいと思う。
公園の土、思いっきり触らせてあげたいんだもん。
まぁ日本どこにいても安全かどうかなんてわかんないけどさ。

仙台で仕事してる旦那と離ればなれなのは心苦しいけど、夫婦の意見は一致なので、うちはもう少し避難生活を続けます。

約1年ぶりの日記がこんな日記になっちゃって…無事を伝えたくて書いてたらボロボロ本音が出てきちゃった。
とにかく私は生きてます!
子育てしてボランティアして、毎日せかせかやってます。
また楽しい日記も書くぞー!
そのときはどうぞよろしくね。
心配してくれたusaちゃん、その他の方々、どうもありがとう。
  1. 2011/06/01(水) 09:43:24|
  2. diary
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
| ホーム | 夏休みとsite更新>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/06/01(水) 16:52:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/06/02(木) 20:13:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fleuage.blog88.fc2.com/tb.php/98-d1d2d32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/11/22(木) 00:36:48 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。